画像の説明

水が必要な理由


水を飲むことが体になぜ良いのか?


もはや常識かもしれませが、わたしたち人間の体の半分以上(60%)が水でできているためです。

赤ちゃんで約80%、還暦を超えられた方でも約50%が水とのことです。


体を構成する半分以上が水なのですから、これが少ないのは健康に良いわけがありません。

体の水分量を保つことは、体の機能を正しく働かせるのに絶対に必要なことなんですね。


水を飲むメリット


数えきれないメリットがあると思いますが、いくつかあげてみます。


◆基礎代謝がが上がる

◆体温が上がる

◆食欲の抑制

◆美白になる

◆ニキビや吹き出物などができにくくなる

◆乾燥肌・シミ・小ジワ・たるみが改善する

◆むくみの解消

◆リンパの流れが良くなる

◆老廃物をデトックスできる

◆血液がサラサラになる


他にも認知症予防・声帯にもいいなど良い事づくめです。


どれだけの水を飲むのか?


一日の摂取量は1.5L? 2L?  具体的な数字が情報として入ってくると思いますが、これには個人差があるんですね。


体重の4%… これが意外と多い

◆体重50キロ:2L
◆体重70キロ:2.8L


これだけの量の水ををグビグビ飲むのは辛い量ですね…


高校時分は部活の後など、お腹がタプタプになるくらい一気飲みしてましたが、とても今は飲めませんね。

いつも横に水を置いといて、ちょこのみで摂取するしかないですね。

更に年を取るにつれ、喉の渇きに対し鈍感になってしまい水の摂取量が減ってしまい、悪い事がおきてしまいます。

意識して水をのみましょう。


健康のために水分をとる


水分なら何でも良いのかというとそうでもないらしい…


コーヒー好きの方は一日に何杯も飲んでいますよね、
コーヒー、お茶、スポーツドリンク等にはカフェインや糖質が多くふくまれているため、
それらを分解するのにより多くの水を必要とします。

やはり普通の「水」が一番なんです!


こまめに1日の適切量を飲む!

健康のために、健康を維持するためにグビグビいきましょう!

画像の説明