目的の的


ここでは目的はゴール(最終的に望む結果、希望や夢など)

目標はゴールに辿りつくまでのチェックポイント

(途中の過程に設定される望む結果)と考え話します。




目標は、目的を成すための、

途中の行動やその道筋を示し、必ず達成すべきもの!





(※ ↓繰り返ししつこく説明していきます。)


目的と目標の違いを考える


目的を達成するためのステップとして、日々の目標(タスク)があるんです。

ゴールがわかっているから、道を決め進んで行く事ができます。


目標と目的意識を持って過ごすことはすごく大事な事で、

あるのと無いのとでは、時間の経過と共に大きな差が生まれ、

それがそのまま人生に反映されます!




「どんな結果を出したいのか?」

それは、すべて自分で決めることが大切!


良い結果が出せないのは、誰かにゴールや目標を与えられ、

進め方も理解できないので、やってるふりをしている状態。

’ふり’なのでムダな時間をかけすぎてしまう傾向があります。

良いアイディアも出せないので、行動も遅れがちになり、

周りには完全に見透かされ、しまいには諦められ、チーン↓です…

酷い言い方で申し訳ないですが、時間労働者に成り下がると、

こうなってしまうので注意ですね。

思考する事を決して止めないでください!

チーン




ゴールとは、現状の外に設定された最終的に望む結果のこと


それは…

あなたが望む結果であること

現状の外側に設定されていること




目的は抽象的 目標は具体的


目的とは、将来なりたい姿・夢の実現

  • example
    ・幸せになりたい
    ・人のお役に立ちたい
    ・お金に困らない生活を送りたい


目標とは、目指す地点・数値・数量など、達成すべき具体的な行動指標

  • example
    ・1年で10kgダイエットする
    ・月に10件営業での成約を獲得する
    ・3年間で100万円貯金する


目標は短期的、目的は長期的


目標とは、自ら定める短期的な行動指標のこと。

  • example
    ・1年間で10kgダイエットするために、まずは今月1kgやせる
    ・月に10件契約を取るために、今週は3件獲得する
    ・3年間で100万円貯金するするために、まずは今月3万円貯金する


目的とは、目標の達成を積み重ねて、得られる最終成果

  • example
    ・毎月1kgやせる目標を達成し続け、1年間で10kg以上のダイエットに成功!
    ・毎週3件成約を獲得する目標を達成し続け、月に10件以上の営業での成約を獲得することに成功!
    ・毎月3万円貯金する目標を達成し続け、3年間で100万円以上の貯金に成功!




目標は複数でも良い、目的はひとつ

目的は、最終ゴールなので通常はひとつ!


これに対して、目標は目的を実現するための手段であるため、

段階的に大きくなり、複数あることも出てきます。


複数の選択肢から、やわらか頭で目標を設定したり、

今の目標を取り下げ、別の目標を立て直しても問題ありません!

目標は、目的を達成するための一手段に過ぎないことを理解する!




目的とは最終的にご自分が目指す、理想の姿

目標は変えたとしても、目的は決して諦めちゃいけない!




ブレブレの目的だと、目標も度々変更することになります。

しっかり目的を決め、達成のための手段である目標を、

より具体的かつ効果的に立て、それを着実に実行できるかどうか
にかかっています。


ぶれない目的意識を持ってください。強い想いと信念が必要です!


大事なのは何のために?

目の前のことを実行しているのか?という、

目的意識を常にご自分の中で明確にしておくということなのです!




何のために?という目的を忘れ、目の前の目標のみを達成しても、

単なる通過点をクリアしただけ…


次に何をすべきか?

どのような目標を立てれば目的を達成できるのか?

という建設的な思考を自ら持って進んで行かないと、

惰性で時間を浪費する道を、自ら選んでしまう結果となります。


目的である理想の実現に向けて、日々目標を立て、

地に足を付けてしっかりと前進していきましょう!

画像の説明